残った梅で梅味噌作り♩

 

f:id:ayucoffee:20180721112040j:plain

 

梅シロップを作った後に残るしわしわの梅。

f:id:ayucoffee:20180721112331j:plain

 

梅のエキスが出てしまって実も硬くなっているので、そのまま食べるよりは少し手を加えた方が美味しい。そこで簡単なのが、梅味噌☆

 

【作り方】

■材料

 

残った梅 8コくらい

味噌   150~160g

砂糖   大4~お好みで

あれば鰹節・すりごまなどお好みで

 

■作り方

シロップから梅を取り出し、種と実に分けて、実を刻む。材料を全て鍋(フライパン)に入れ、好みの硬さまで煮詰める。(冷めると固まるので少し柔らかめに)

 

 

【詳しい作り方】

 

梅シロップから取り出した梅8コくらいを使います。

f:id:ayucoffee:20180722070124j:plain

(写真は10コありますが、できあがると少し梅が強いかな?と感じたので、表記は8コにしてみましたが、お好みで。梅の味が好きなら10コでも美味しく頂けます!その場合は少し砂糖を多めに)

 

 梅の実と種に分け、実を刻みます。

f:id:ayucoffee:20180722070137j:plain

 

材料を全てフライパンにいれます。

 

f:id:ayucoffee:20180722071831j:plain

f:id:ayucoffee:20180722071850j:plain

 

 弱~中火にかけ、煮詰めます。

f:id:ayucoffee:20180722071917j:plain

f:id:ayucoffee:20180722072324j:plain

 

好みの硬さになったら火を止めます。冷めると少し固まるので気持ち柔らかめに♩

 

清潔な容器に移して完成☆

f:id:ayucoffee:20180722072346j:plain

 

粗熱が取れたら蓋をして冷蔵庫で保存します^^

 

f:id:ayucoffee:20180722072418j:plain

 

ちなみにこれは無印良品の容器です。

f:id:ayucoffee:20180722072431j:plain

シンプルなデザインが良い♩

 

出来上がった梅味噌は、ご飯のおともに

f:id:ayucoffee:20180722072900j:plain

 

焼きおにぎりや野菜や冷や奴、焼き物や料理のアクセントにも◎

 

食材を無駄なく使い切れると気持ちが良いです♩

 

 


にほんブログ村

(↑よかったらクリックよろしくお願いします!)

 

 

よかったらこちらも☆

ayucoffee.hatenablog.com

自家製梅干し・天日干しの記録と保存方法

 

f:id:ayucoffee:20180720203614j:plain

 

今年の梅干しができあがりました~!

 

6月11日に仕込んだ梅干しを、7月17日から3日間天日干しし、20日の朝無事取り込みました^^今年は梅雨明けが早かった~。

天日干しは土用の丑の日を目安に~と言われていますが、梅の様子と天気予報を見て、9月くらいまでならいつでも良いみたいです。

 

天日干ししている3日3晩は 晴れ予報でしたが、夕立がきやしないかとドキドキしていました。

買い出しに行ってもお迎えに行ってもできるだけ急いで帰り、雨が降ってきたらすぐに取り込める心づもりではいましたが、実際急に降ってきたらどうしようもないこともあるので、無事終わってほっとしています。

 

 

今日はこの天日干しの記録を・・☆

 

 

■1日目

朝9時頃、アルコールで消毒したザルに梅干しを並べ、天日干しスタート!

 

f:id:ayucoffee:20180720203701j:plain

 

ふっくらとして、梅の良い香りがします♩

できるだけくっつかないように並べました。

ウチの周りは鳥や虫がよく飛んでいるので、ホームセンターで買ってきたネットに入れて竿につるしました^^

 

f:id:ayucoffee:20180720204343j:plain

 (窓から見える場所に。ちょこちょこ様子を見ていました)

 

1日目は殺菌のために梅酢も一緒に天日干しします。

f:id:ayucoffee:20180720215844j:plain

(ホコリよけにラップをしています)

 

12時頃に梅の上下をひっくり返し、1日目は15時頃に取り込みもう一度梅酢につけておきます。私は梅酢が足りずボウルのままだと全ての梅が浸からなかったので、ジップロックに入れて全体が浸るようにしました♩

 

 

■2日目

朝9時頃に再びザルに並べて同様に干します。

 

f:id:ayucoffee:20180720235330j:plain

 

1日目より少しシワが増えたような気がします^^今日も良い香り。

同様にネットに入れて干します。

 

f:id:ayucoffee:20180720235357j:plain

美味しくなあれ~♩ 

 

日中に1度上下を返し(菜箸を使いました。箸の先は一応アルコール殺菌しています)

 

f:id:ayucoffee:20180720235416j:plain

 

返したら2日目はそのまま夜も外に出しておきます。

夜露にあてることで梅が柔らかくなるそう!

 

寝ている間に雨が降らないことを祈りながら寝ました☆

 

 

■3日目

ここまできたらもう少し!

 

f:id:ayucoffee:20180721000011j:plain

朝見ると、梅の表面に塩が吹いていました。(カビじゃないのでご安心を)

 

3日目も 日中のうちに1度上下を返し、夕方皮をつまんでみて、皮から果肉がすっと離れるような感覚があれば、そのままもう一晩夜露に当てて、翌朝に取り込みます♩

 

 

 

そして翌朝。さっそく取り込みます^^

 

良い感じにしわしわです♩

 

f:id:ayucoffee:20180721000547j:plain

 

お裾分け用など分けて保存します。

 

保存方法はいくつかあるのですが、私は天日干しが終わり、そのまま保存する梅干しと、一度梅酢にくぐらせてから保存する梅干しと2種類に分けることにしました^^

 

f:id:ayucoffee:20180721000810j:plain

(左がそのまま、右が一度梅酢にくぐらせました)

 

そのままの梅干しは、うまみが凝縮されしっかりとした味わいに

一度梅酢にくぐらすと、しっとりとした食感で、一度くぐらす分塩分は少し高くなるようです^^

梅酢にくぐらせた梅干しをご飯にのせると、梅酢がご飯に染みてこれがまた美味しいんですよ~☆

 

f:id:ayucoffee:20180721001540j:plain

 

無事完成してほっとしています。お裾分けも喜んでくれるといいな^^

 

朝に梅を取り込んだその日の夕方、強い夕立ちが!

1日遅ければ濡れていたと思うと、本当にラッキーでした・・><

もし濡れてしまった場合は、取り込んで雨水を拭き取り、焼酎やホワイトリカーで洗い、その後梅酢にくぐらせて土用干しを続けます。少し雨に濡れたくらいならあまり心配せずに、とりあえず部屋の中で乾かし、晴れたらまた太陽の下で天日干しを再開します♩

 

 

ちなみに、梅干しを天日干しする理由は、梅干しの表面に残っている雑菌を紫外線が消毒してくれて、長持ちさせるためです^^梅雨明けの土用の頃に干すのは、1年で1番紫外線が強いからなのだそうです☆

天日干しした梅干しは、常温でも10年・20年ともつそうです^^

昔ながらの伝統的な作り方で塩分濃度20%でつけ込んだ梅干しなら、数百年の月日が過ぎても食べられるとまで言われています。自然の力ってすごい!

奈良県には現存する最古の梅干しがあるそうで、その梅干しはなんと1576年に漬けられたものなのだとか!安土桃山時代織田信長安土城の築城をスタートした頃に 人知れず漬けられた梅干しが今も残っているなんて、歴史のロマンを感じます。。

冷蔵庫もなかった時代に、長期間保存が利く食べ物を・・と考え出されたまさに先人たちの知恵の結晶。。

 

 

 

話が逸れましたが、自分で作った無添加の梅は本当に美味しい^^梅1粒1粒がとても愛おしいです。ここからしばらくは熟成期間ですが待ち遠しいな~。

 

あ、残った梅酢は、寿司酢代わりにつかったり、新ショウガの梅津漬けもオススメ。(また書きます)

その場合はコーヒーフィルターなどを使って濾すといいです♩

 

f:id:ayucoffee:20180721085536j:plain

 (キレイな色!)

 

梅干しは仕込んでから出来上がるまでに季節をまたぎ、完成までに少し時間がかかるので、1歩踏み出すのに躊躇するかもしれませんが、1つ1つの工程はとても簡単で楽しい♩

 

これで今年の梅仕事もおしまいです。

梅酒、梅ジャム、梅シロップ、そして梅干し^^

来年の梅の季節がまた待ち遠しくなりました♩

 

 

おしまい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
KODOMOTOKURASU

 (クリックしてもらえると嬉しいです!)

 

 

ランキングに参加してみた

 

「ブログ ランキング」と検索すると、上のほうに出てくる『にほんブログ村』というところに参加してみました☆

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

せっかくブログを書くことにしたので、誰かの役に立てたらいいなと思ったのです♪

 

 

登録すると、カテゴリーを3つまで選択することができます。が、選択肢がたくさんありすぎて迷ってしまい・・

とりあえずこの3つに参加してみました!

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

 

いまいち仕組みはわからないのですが、これらのバナーをクリックしてもらえると、ポイントになるのかな?

 

これから、記事の1番下のに、バナーをひとつ貼り付けてみようと思います♪

よかったらクリックよろしくお願いします^^

 

 

 

夏の朝ご飯・朝の習慣と課題

 

f:id:ayucoffee:20180713214810j:plain

 

朝ご飯。

 

頂き物のパンに、スイカ、桃、トマト、とうもろこし。

 

あったものを乗せただけですが、旬の美味しさが詰まった朝ご飯でした☆

 

とうもろこし、スイカ、トマトは前夜のおかずだったので、ついでに朝の分も切っておきました^^だから朝切ったのは桃だけ♩まな板も使わないので、手間も洗い物も少なく、お湯を沸かしてコーヒーの豆を挽き、のんびり淹れても10分あれば準備できます☆

 

朝はローフードを食べると、体が整う気がする♩

(ロー=生の・加熱調理しない、という意味です)

ローフードと、熱いコーヒーが自分の体の朝サイクルをスタートさせてくれていると思っています^^

例えばパンとお茶だけとかだと、便意がこないのです。朝に便が出ると1日気持ちよく過ごせます。

昔は本当に便秘体質で、妊娠中や産後も薬を飲んでいたほどなんですが、ここ数ヶ月は意識しているせいもあると思いますが、本当に調子が良い!

子どもが小さいと特に、自分のトイレの時間を後回しにしてしまいがちで便秘になってしまうことも多かったんですが、今は朝の便は優先して出しています。笑

バタバタしているとトイレに行く時間が十分に確保できないこともあるんですが、そしたら1日カラダがおかしい。。それで、やっぱり1日1回、朝に出さなきゃと思うのです。

もっと若い頃は、便秘ぐらい・・って思ってたけど、今は便のリズムがいかに大事かと感じています♩

幼稚園でも、「早寝、早起き、朝ご飯、朝うんち」と習ってきますが、本当にその通り♩もはや生活のキホンとすら思います。早寝早起き朝ご飯朝うんち!

 

f:id:ayucoffee:20180718132020j:plain

(桃・オレンジ・自家製梅ジャムをのせたヨーグルト・頂き物のパン)

 

ローフード、と言っても家にあるものなので日により差があります。

少しのローフードと、コーヒーはわりとたっぷり飲んでいると思います^^

あれば野菜も食べますが、朝のフルーツがとても好きです。

フルーツとコーヒーがあると、自分が嬉しいのでそれらに合うパンをチョイスすることが多いです。(子どもたちも朝はパンがいいみたい。昼か夜にパスタ食べたいな~とかいう時は、米粉パンや米粉のホットケーキにして、小麦が続かないようにします^^)

 

f:id:ayucoffee:20180718132111j:plain

(プラム・チョコクルミのパン)

 

ここ10年くらいを考えても、今が一番便のリズムが良いように思います。意識しているからかな。摂取エネルギーや運動量は確実に昔の方が多かったけど、気づいたら3日出てない!ってことも茶飯事でした。意識してないというよりは、意識が低かったのだと思います。便秘くらい・・って思っていました^^;でも実際、便秘はしんどいし体にも悪い・・。

なので、今のこのリズムを守りたい!と、切実に思っています。。元々便通が良い方ではないので、意識しないと出ないんです。忘れるとダメ(´д`)実家に帰ったときが要注意です。環境が変わるとついつい忘れてしまう・・。話に花が咲いて夜更かししたり生活リズムじたいが狂いがちになるので、まずそこですね。

子どもが夏休みに入ったら実家にしばらく帰るので、私の夏休みの課題にしたいと思います!

環境が変わっても規則正しい生活と、朝うんち!

 

f:id:ayucoffee:20180718132518j:plain

(とうもろこし・プラム・レーズンパン)

 

 

シンプル調理で野菜を美味しく☆

 

こどもたちと3人で食べる晩ご飯。

いつも野菜中心だけど、旦那がいないとより一層野菜メインに♩

晩ご飯に使ったお野菜たち。

 

f:id:ayucoffee:20180711124519j:plain

生野菜で見るとちょっと多く見えるかもしれないけど、調理すればこのくらいはぺろりとなくなる♩

野菜はおなかいっぱい食べても苦しくならないところも大好き☆

昔はお米やお肉をたらふく食べて「おなかいっぱいで動けへん・・」って食後そのへんに寝そべってても母が片付けしてくれたけど、今はそうはいかないもんねー笑

 

この野菜たち、なんとほとんどが頂き物!

畑や田んぼに囲まれた場所に暮らしているからか、旬の新鮮な食材を本当によくお裾分けしてもらいます。これがどれだけ有り難いことか・・!

レタスの芯の切り口は赤いものだと思ってたけど、本当は白かった。大阪にいるときは、そんなことも知らなかった。

収穫したばかりのレタスの芯の切り口は、白くて、乳みたいなものが出てるのです。

レタスの語源はラテン語で「牛乳」、和名は「チシャ(乳草)」

昔の人は、なんか乳みたいなのが出る葉っぱや!ってことでこう呼び始めたんですね~!笑

 

小さい頃から何気なく食べてた野菜だったけど、新鮮なものは味が全然違う☆採れたての野菜たちは、調理して手を加えるのが勿体なくなるほど美味しいのです。

なので、子どもの食べやすさも考えた上で、できるだけ少ない行程と調味料を意識した食事にしています^^

(子どもの食べやすさを考えた上で・・というのは、例えばほうれん草やブロッコリーは、ゆで時間が長くなるほど栄養素は流れ出てしまうけど、それよりも今は、いろんな野菜を美味しく食べることを大事にしたいので、少し長めに茹でて口の中に残らないようにし、「食べれる!」という自信をつけてほしいなと思っています^^(口当たりを柔らかくする代わりにマヨネーズなどの味付けはなしで素材の味を知ってもらうようにしてました。徐々にゴマであえて風味をつけたり味も少しづつ足しました。それでもやっぱり一度味をつけると、そのまま出したときに「あれ?」とはなりますね笑)

特に長女は見た目で「え~」という顔をするので、「1口でいいから食べてみ?」と声をかけ、そしてこのたった一口で彼女のこの食材に対する美味しさが決まるので、そこはやっぱり「見た目はイヤやったけど食べれる!」と彼女が思えるかどうかが大事かなと思って、今は"食べやすさ"意識して調理しています♩)

 

新鮮な食材が手に入る環境で育つ子どもたちは本当にラッキー。

子供の頃にこの味を覚えていたら、きっと大人になっても良い素材を自分の目で選んでいけるんじゃないかな~と思っています☆

 

 

 前置きがこれでもかってほど長くなってしまいましたが、この日の食材をどうやって調理したか紹介します♩

 

まずきゅうり。

おやつに食べるときは、洗って端っこを落としてそのまま(味付けなしで)食べます。

おかずなのでちょっとアレンジ。

傷んでいるところと、縦に3カ所くらい剥いて、軽く塩をまぶす。

f:id:ayucoffee:20180711125151j:plain

10分くらい放置(その間にほかの野菜をカットしたりする)

水分が出てきたらキッチンペーパーにくるんでぎゅっと絞り、すりごまとごま油であえて完成♩

 

f:id:ayucoffee:20180711124940j:plain

(うちは子どもと食べるので、絞る前に軽くすすいで塩を落としたけれど、大人のおつまみにはそのままがぴったり♩)

 

 

なすは皮を剥いて、縦に4~6等分にカット。(ナスの大きさに合わせて、サイズがだいたい同じくらいになるように)

f:id:ayucoffee:20180711125134j:plain

 

お皿に平らに並べて、ラップをかけて6~7分レンジでチン♩(2本~3本なら3分半くらい)

汁をきって、中華ダレ(酢・醤油・砂糖・)orポン酢をかけ、好みでごま油とネギをのせて完成♩

 

f:id:ayucoffee:20180711124915j:plain

 

冷蔵庫からナスを出すとあからさまにテンションが下がる娘がパクパク食べる好物☆

揚げたり焼いたり油を使うときは皮ごと使うけど、蒸す時は皮を剥いた方が食べやすいみたい♩

「いっぱい食べてえらいね~!」と褒めると、2人とも競うように食べる^^笑

 

 

ピーマンとこんにゃくは同じくらいの細切りにし、豚肉と炒めました。

f:id:ayucoffee:20180711151918j:plain

ピーマンとこんにゃくは長女の好物^^豚肉は2人とも進んでは食べてくれないことが多いので、好きなものと一緒に・・。

 

f:id:ayucoffee:20180711124434j:plain

 

ごま油で炒めて、最後に醤油麹であえました。

醤油麹は本当に万能で美味しい!自宅で簡単に作れるし、発酵しているので体にもよく、常備調味料です。納豆のタレのかわりにいれたり、素焼きカボチャにのせても美味しい♩炒め物、煮物、汁物、なんでもOK☆本当にオススメなので、また記事にしたいな~♩

 

 

以上がこの日の晩ご飯のおかずでした。(ネギはお味噌汁に、トウモロコシは蒸し上がったらホクホクのうちに食べちゃった笑)

f:id:ayucoffee:20180711124725j:plain

f:id:ayucoffee:20180711124712j:plain

 

木のプレートにのっているのは、頂き物のうり。

f:id:ayucoffee:20180711124517j:plain

メロンよりさっぱりしていて美味しい^^

ちなみに今我が家では「さいしょは、フルーツ」を実践しています。(トウモロコシをつまみ食いしたくらいなのでゆるくですが・・笑)

食べ物の中でフルーツが一番消化が早いので、食事の最初に食べるのが良いんだって♩

消化に時間のかかるお肉などを食べた後で、食後のデザートにフルーツを食べると、お肉の消化に時間がかかり、腸内が渋滞に。その間、消化のスピードの早いフルーツは前に進めず腸内でそのまま腐敗してしまい、きちんと栄養を吸収できなくなってしまうんだとか。

最近本で読みました☆

ちゃんと勉強したわけでもないので、本を読んだりして、納得したり、やってみたくなったらしてみるし、それで効果を実感したら続けてみたりとゆるくいろいろと試しています♩

最初にフルーツを食べることで、子どもたちがご飯を食べなくなるのならまた考えなきゃなと思っていたけど、そんなこともないし、私と一緒に子どもも、フルーツ→野菜→お肉やご飯 の順番で食べています。

 

わたしはきっと勉強も大して教えてあげられないし、今私にできることは、ごはんの食べる順番とか睡眠サイクルや生活リズムなど小さいうちに体で覚えておいたら、大きくなってからも少しは役立つかな。。と思って、そういうことはちょっと意識して日々の生活に取り入れています。。

大切なのは、食事、睡眠、笑うこと!だと思って、そこに生活の重きをおいています^^あとは自分の中に幸せを持つこと♩

 

話が全然それてしまった^^;

始めたばかりやから気合いが入りすぎたかな笑

簡潔に?書けるようにがんばりまーす!

 

 

フライパンでご飯を炊く。

 

f:id:ayucoffee:20170502172818j:image

 

フライパンでご飯を炊いています。

 

炊飯器の置き場所がなく、ずっと何かで代用できないか考えていたところ、フライパンで炊いてみると普通においしく炊けました。(普通にと書いたけど、以前使っていた炊飯器より美味しく炊けた)

以来ずっとフライパンでお米を炊いています^^

 

f:id:ayucoffee:20170502172821j:image

 

 このフライパンの形が土鍋っぽくて使いやすい。(今更やけど真上からの写真しかなく形が分かりにくい)
ティファールの炒め鍋、調べてみると「ウォックパン」っていうのかな?
4合までは余裕で炊けます^^炊いたことないけど、5合も多分大丈夫。

とはいえ、このフライパンは米炊きにしか使っていないので、買い換え時になったら代わりに土鍋を買いたいな~。


ちなみに「これぞフライパン!」って形の普通のフライパンで炊いたこともありますが、それでも美味しく炊けます^^

じゃあウォックパンと何が違うのかというと、よそいやすさ?しゃもじを使ってお茶碗によそう時にウォックパンの方がこぼれにくかったり、角がないので端のお米もスムーズに取れる気がします。その程度の差です。


前置きが長くなりました。
作り方 というほどではないけれど、分量や目安の時間を書いておきます^^

 

 

f:id:ayucoffee:20170502172826j:image

 

■材料

白米 3合(4合)

水  600~650ml(800~850)

※1合ごとに大体200mlづつ増減すればOK(2合なら400~450ml)

■作り方

1.お米を洗って、水に30分~浸しておく。(ザル+ボウルを使うと便利)

2.水をきってフライパンに移し、水を600~650ml注ぎ、軽くかき混ぜて平らにならす。

3.フタをして強火にかけ、沸騰したら弱~中火に落とす。(火力が強いコンロの場合は)

4.お米の上の水分がなくなり、パチパチと水分がなくなる音がすれば火を止める。(火にかけてからだいたい10分程。)

※水分がなくなったかどうかの確認をするためにフタを開けた場合は、火を止める前に10秒ほど中火にかけ中の温度を上げてから止める。

5.そのまま10分くらい蒸らして完成!(すぐに食べない場合でも、10分くらいたったら蓋を開けて一度しゃもじで混ぜておくと底の方がべっとりしない)

 

+++

 

慣れると本当に簡単で美味しいので炊飯器に戻れなくなります^^

浸してさえおけば炊飯器よりも早いしネ。

ちなみに、浸すの忘れた!でもすぐにご飯が欲しい!というときは、

洗ってすぐにでも炊けることは炊けます。その場合は水を少し多めに♩

でも浸した方が芯までしっかりと水分が行き渡り、もちもちで美味しいです^^

 

15穀米などを一緒に炊くことももちろんできます。その場合は商品の表記通りの水を足してください。(1袋につき50mlとか)

カレーの時なんかは必ず雑穀ご飯にします☆

あ、玄米はこれじゃ炊けません。また炊くときに写真を撮って記事にしてみます♩

 

残ったご飯はおひつに入れて保存していますが、おひつを手に入れるまではラップに包んで冷凍していました☆

 

 

f:id:ayucoffee:20170502172831j:image

 

フライパンだと毎回丸洗いできるので、炊飯器のお掃除を考えると楽で衛生的。^^

 

 フライパンのフタがない!という場合は、アルミホイルを被せても。その場合は浮かないように端を折って。

 

 土鍋だともっと美味しいのかな~。

そういえば冬の終わりに無印良品で日本製の土鍋が半額になってたから、検討してもいいかも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完熟梅で梅ジャム作り♪

 

梅干しにしようと、冷蔵庫で追熟させていた青梅。

時期を逃し、なんとなく面倒になってしまいました。

なので、梅ジャムにしようと思います♪

 

 

完熟梅1kgを使います。

 

f:id:ayucoffee:20180708212511j:plain

■材料

完熟梅 約1kg

砂糖 500g~(グラニュー糖ときび糖を使用。お好みで)

 

■作り方(後で写真付きで詳しく書きます)

1.梅を洗って、水分を拭き取り、爪楊枝などでへたの黒い部分を取る

2.鍋に1の梅を入れ、かぶるほどたっぷりの水を注いで火にかける。(弱~中火)

3.沸騰直前に火を止め、そのまま冷ます

4.冷めたらざるにあげ、手でつぶしながら実は鍋に、種はボウルに分ける

5.種の入ったボウルに水を少し入れ、かき混ぜて種についた果肉を取る(種は捨てる)

6.身が入った鍋に5の果肉入りの水を入れ、火にかけ一煮立ちさせる

7.砂糖の半量を加え、5分ほど煮る

8.味を見ながら少しづつ砂糖を足す

9.丁度いい甘さになったら火を止め熱いうちに清潔なビンに入れ密閉。冷蔵庫で保存

 

 

文章で見ると少し手間に感じるかもしれませんが、やってみるととても簡単。

 

■詳しい作り方(写真付き)

 

まず、完熟梅約1kgを水で洗いボウルなどにあげます。

 

f:id:ayucoffee:20180708212511j:plain

 

清潔な布巾かキッチンペーパーなどで水気を取ります。

f:id:ayucoffee:20180708213226j:plain

 

へたの黒い部分を、爪楊枝でくりっと取ります。

f:id:ayucoffee:20180708212945j:plain

 

f:id:ayucoffee:20180708212600j:plain

 

↓こんな感じで(娘の手。簡単なので4歳でもお手伝いできます)

f:id:ayucoffee:20180708213015j:plain

f:id:ayucoffee:20180709134039j:plain

 

2歳の娘も手伝ってくれました☆(旦那と一緒に)

 

f:id:ayucoffee:20180709134118j:plain

 

へたを取った梅は、鍋に入れていきます。

全て入れたら、かぶるほどたっぷりの水を注ぎ、弱~中火にかけ沸騰直前で火を止めます。

(うちのコンロは火力が弱いので弱~中火にしています。火力の強いコンロなら弱火で)

 

f:id:ayucoffee:20180709134937j:plain

 

火を止めたら、そのまま冷めるまで置いておき、触れる温度になったらザルに返します。(湯は捨てます)

 

f:id:ayucoffee:20180709134607j:plain

 

ぷるんぷるんで実がはじけている梅もあります♩

 

それを手で潰しながら実と種に分けます。ざっくりでOK。

実は鍋に、種はボウルに。

 

f:id:ayucoffee:20180709135106j:plain

 

種が入ったボウルに少量の水を入れ、手でかき混ぜながら種についた果肉を外します。

 

f:id:ayucoffee:20180709134717j:plain

 

種は捨て、残り(果肉入りの水)は鍋に入れます。

 

f:id:ayucoffee:20180709135121j:plain

 

鍋を火にかけ、一煮立ちしたら砂糖の半量ほどを加えます。

 

f:id:ayucoffee:20180709134304j:plain

 

かき混ぜながら5分ほど煮て、残りの砂糖を味を見ながら足していきます。

 

f:id:ayucoffee:20180709134925j:plain

 

 

f:id:ayucoffee:20180709134417j:plain

 

f:id:ayucoffee:20180709134721j:plain

 

ラニュー糖が400gしかなかったので、残りの100gはきび砂糖を入れたので、少し茶色っぽくなりました。

 

f:id:ayucoffee:20180709135153j:plain

 

お砂糖は、甜菜糖でも上白糖でもなんでも良いですし、量ももっと少なくてもおいしいですが、保存のことを考え500gくらいは欲しいかなと・・。

これでも十分、ほどよい梅の酸味も感じられます♩甘いジャムがお好みなら、800gくらいまで増やしても良いと思います☆

 

好みの甘さになったら火を止めます。トロトロの状態でOK。

梅はペクチンが豊富なので、冷めると固まります^^煮詰めすぎないように注意!

 

火を止めたら、熱いうちに煮沸消毒したビンに入れて完成♩

 

f:id:ayucoffee:20180709134420j:plain

 

冷蔵庫で保存。1年くらいは保存できるみたいですが、その前になくなります^^

 

ヨーグルトやトーストにかけたり、マフィンやケーキに混ぜたり、水や炭酸で割ってさっぱりドリンクにも♩

 

f:id:ayucoffee:20180709134508j:plain

 

梅の季節は、梅シロップに梅酒、梅干しに梅ジャムとお楽しみがたくさんですが、

この梅ジャムが一番手っ取り早く?作ってすぐに食べられるのがいいところ^^☆

 

来年は、ほかの梅仕事もブログに書けたらいいな~と思います♩