読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

器の目止め作業。

少し前に、『祝子焼窯』を訪問した記事を書きました。↓
祝子焼き窯を訪問。 - はらぺコーヒー

その時に購入した器の目止め作業をしたので、
手順を書いてみます^^


ここ数年、本当に少しづつですがお皿を集めていて、使う前には必ず『目止め』という作業をします。


これをすることで、ひび割れや汚れ、におい移りなどを予防することができます。



片栗粉や小麦粉を使う方法もあるのですが、わたしは米のとぎ汁で目止めをしています。


まず、目止めしたい器がすっぽり入るサイズの鍋を用意し、そこにお米のとぎ汁を器がかぶるほど入れます。

弱火で20分ほど火にかけます。

そして自然と冷めるまで放置します。


冷めたら取り出し、洗って、よく乾かします。


以上です^^


すっごく簡単ですが、これをすることではじめの状態を長く保つことができるようです。^^


いくつかを同時に目止めしたい場合は、当たってひび割れてしまわないように、器と器の間にキッチンペーパーやふきんを挟むと良いです。