MCTオイルをコーヒーに。

 

"完全無欠コーヒー"で一躍話題となったMCTオイル。

 

この完全無欠コーヒーに使われるのが、中鎖脂肪酸100%のMCTオイルです。

 

(中鎖脂肪酸はココナッツなどに含まれる天然成分で、中鎖脂肪酸100%のものをMCT(medium chain triglyceride)と言うそうです。※ネットで調べたものです)

 

 

 

今私が使っているのがこのMCTオイル。

 

f:id:ayucoffee:20170501091337j:image

 

100%ココナッツ由来と書いてあります^^

 

イカリスーパーで購入したのですが、カルディでも見かけたので次はカルディで購入してみようと思います。^^

 

 

パッケージもこちらの方が好みです♡

f:id:ayucoffee:20170501091717j:image

 

 ※画像借りました

 

 

 

MCTオイルは、一般的な油よりもすぐにエネルギーになりやすく、また糖や脂肪の吸収を遅らせ血糖値の急上昇を防いだり、便秘解消の効果も期待できるそうです^^

 

 

私はこのMCTオイルを、朝飲む1杯のコーヒーに大さじ1ほど入れて飲んでいます。

 

コーヒーが好きで少しだけこだわりがある私は、『味が変わってしまったら‥』という心配からMCTオイルを買ったもののなかなか踏み出せずにいました^^;

 

 

でも、思い切って試して見た結果、続けているのは情報通り無味無臭で、私の好きな『コーヒー』として楽しめているからです。^^

 

 

しいていうなら、当然ですが『オイリー』さを感じるくらいです。

 

 

そのくらいさっぱりと使いやすいオイルなので、調味料に混ぜたり、ご飯に炊き込んでも問題なく食べられると思います。

 

 

使う上での注意点としては、(どのオイルでもですが)空気と触れ合うことで酸化してしまうので、期限以内にできるだけ早く使い切ること。(だからといって摂取量を無理する必要はないですが)

 

コーヒー豆にしても、オイルにしても、身体により新鮮なものを取り入れるという心がけが大切ですね!

 

 

また、便秘解消の効果がある通り、一度に多く摂取しすぎるとお腹が痛くなったり、お腹を壊す危険性もあるそうなので、自分の体と相談しながら取り入れていくのが良いと思います^^

 

 

 

ここからは余談ですが。

 

 

中鎖脂肪酸って、母乳にも含まれている成分で、免疫力を高める効果があるそうです。

抗菌作用があることから、母乳を飲んでいると風邪を引きにくくなると言われるのはこのため。

 

うちの娘たちも完全母乳で育ったのですが、本当に風邪知らずの赤ちゃんでした^^

(それに未熟児の栄養補給や流動食にも利用される中鎖脂肪酸を、母乳から摂取できるなんて、とっても経済的!笑)

改めて母乳の力ってすごいなあと思ったのでした^^

 

 

 

中鎖脂肪酸の母乳の含有量は、母親が摂取すればするほど多くなるそうです。私は母乳の時期は終わってしまったけれど、知ってたらもっと積極的に摂ったのに〜!なんて。

なので、いま母乳の時期の子どもがいるお母さんの役に立てばと思って書いて見ました。^^