森の中の『木城えほんの里』へ。


宮崎県の『木城えほんの里』へ行ってきました。

ひとつ前の記事に書いた、祝子焼きの山田さんに教えてもらい、さっそく行ってみたのです。^^

みどり深い山の中にあります。


今日はこどもの日。鯉のぼりも気持ちよさそうに泳いでいました。



キレイな風鈴だなと思い近づくと‥ビールの空き缶!


入場料は大人1人500円。


まず、芝居小屋というところで、羊羹とお抹茶をいただきました。


そして、絵本のカバーを使って、紙バッグ作りをしました。


はじめに好きな絵本の表紙を選びます。
コピーではなく、実際のカバーなので、それぞれ質感やサイズなども異なります^^

わたしはこれを選びました♡

それを、切ったり貼ったりして。


完成^^

紐の色は紺色が売り切れてしまい赤色に。^^


また森林浴をしながら坂をテクテク登ります。


1番奥に『森のえほん館』があり、絵本の原画展や、絵本の読み聞かせもしていました。

図書館内は、壁の一面が解放され、森の中でそのままの自然を感じながら絵本を楽しむことができました。


外に出てまた坂を下り

森のコーヒー屋さんと森の本屋さんがある『きこり館』で、お昼ご飯にカレーライスを食べました。
お肉などは入っていない、野菜カレー。あっさりしているけれど、後からスパイスが効いてきます。


食後のコーヒーもついて、850円でした。(多分)


駐車場に戻るまでの道のりにある公園で長いこと遊びました。



GWでもそこまで混んでおらず、自然の中で子どもたちも伸び伸びとできて、大人もすごく楽しめました。


行き道に雨が降っていたのですが、止んでよかった!どんなところかも知らずに行ったので、屋外施設で雨降り子連れは大変です。´`


それに雨上がりの自然はまた綺麗。
マイナスイオンを身体いっぱいに感じ、深呼吸^^

ここには世界各国の絵本が約16000冊もあるそう。
ため息がでそうなほどに美しい自然は、生きる歓びを感じ、まるで自分が本当に物語の中にいるようでした。^^